--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.01.02

BEST of 2014

新年あけましておめでとうございます。
毎年恒例の個人的ベスト10を発表します。
昨年は空前の刺身ブームでして、とにかく刺身を食べるチャンスがあれば刺身を食べていました。日本酒も好きになったりして。あと浮いた話は今年もなかったけれど、浮き沈みが激しかったなあと。勝手に浮かれて、勝手に沈んでいた1年でした。今年も健康に楽しく過ごせたらいいなあと思います。

■No.1
colorscolors
(2014/03/23)
akisai

商品詳細を見る

昨年に引き続き、今年もSchole作品がNo.1です。これがデビュー作であるAkisaiというアーティストは全然知らなくて、Scholeだからという理由で買ったんですが、これが大当たりで、ほんとうに好みの音楽です。ギターに電子音が重なって、聞いていて耳に気持ちのよい音楽。全然飽きない。おすすめです。


■No.2
Block BoundariesBlock Boundaries
(2014/11/11)
Ryan Teague

商品詳細を見る

2012年の個人的No.1のField Drawingsも素晴らしかったRyan先生の新作です。今わたしが最も信頼を寄せているアーティストのひとりでして、CDが出たら視聴せず買うと決めています。これもほんとうによくて、1位にしようか迷ったくらい。エレクトロニカとポストクラシカルの中間くらいな感じでバランスがよく、ビートが入ってる曲もあり、あと木琴?マリンバ?の音が気持ち良いです。ほんと、音楽好きを自称している割には全然音楽的な知識がなくて笑ってしまいますね。とにかくこれもいいんです!おすすめ!


■No.3
Memories in TimeMemories in Time
(2014/05/07)
Tatsuki Hamasaki

商品詳細を見る

miaouのギタリストのTatsuki Hamasakiさんのソロデビューアルバムです。miaouのキラキラした感じも素敵だけど、こちらもいい!寝る前によく聞いていました。ドリーミーで穏やかで優しい感じが子守唄のようで睡眠導入剤としてお世話になりました。


■No.4
Water's EdgeWater's Edge
(2014/09/15)
[.que]

商品詳細を見る


■No.5
Close to the GlassClose to the Glass
(2014/03/04)
Notwist

商品詳細を見る


■No.6〜10(順不同)
PinoPino
(2014/02/18)
Otto a Totland

商品詳細を見る


AtomosAtomos
(2014/10/07)
Winged Victory for the Sullen

商品詳細を見る


KiasmosKiasmos
(2014/10/28)
Kiasmos

商品詳細を見る


Rising UpRising Up
(2014/04/15)
Polock

商品詳細を見る


Brand New LoveBrand New Love
(2014/02/18)
Go Find

商品詳細を見る


こんな感じです。去年は忙しくて、音楽を探す暇が全然なかったのと、テレビが好きになってきて音楽から少し離れていました。それでもやっぱり音楽が好きなので、今年は気合入れて音楽聞くぞー!というか好きな音楽自体が気合入れて聞く感じのものじゃなくて、BGM的に流す感じのだからな…。今年も素晴らしい音楽にたくさん出会えますように!

スポンサーサイト

Posted at 19:45 | ongaku |
2014.09.23

ミスチルの好きな曲

twitterをやらなくなって(見てはいる)、はてなブックマークの人気エントリーと暮らしカテゴリーを眺める生活をしているわけなんですが、最近はミスチルの好きな曲を10曲挙げるのが流行っているようなのと、もぐおのミスチルとわたしっていう連載を読んだら、なんだか自分もミスチルの好きな曲について書いてみたくなりました。

わたしにとってミスチルは、アルバムの中からシングルカットされていない隠れた名曲を探す楽しさ、歌詞を深読みしてああだこうだ考える楽しさを教えてくれたアーティストで、一番聴いていたのは高校生の頃。当時はお金もなかったのであんまりCDは買えなくて、レンタルしたのをMDに焼いて、それを繰り返し聞いていました。歌詞もノートに書き写したりしてね。ベストが出た頃、そのチョイスに納得できなくて自分で選曲したベストMDを作って友達に渡したり、洋楽しか聴かない当時の彼氏に渡して「わかったよ。ミスチルは認める」とか言わせたこともありました。ミスチルってみんな当たり前に好きなんだと思っていたけど、インターネットをやるようになってから2chで「ミスチルは洋楽のパクリだらけ」とか「カスチル」とか悪く言われまくっているのを見て、めちゃくちゃショックを受けたことも覚えています。

最近の曲はほとんどわからないけど、10曲挙げてみます。

■抱きしめたい
ラブソングの王道。ストレート過ぎる歌詞が恥ずかしいんだけど、素直にいい曲だなあと思います。わたしがミスチルを知ったのがinnocent worldからなので、ベストが発売されるまでこの曲を知らず、過去にこんなにいい曲を出していたのか!と思ってすぐにkind of loveを借りに行ったなあ。カラオケで男の子に歌われたら好きになっちゃうなあってよく言ってたけど、誰も歌ってくれず結局自分で歌っていました。

■Over
失恋の定番曲ですね。失恋していないときでも良く聴いてたくらいお気に入りの曲で、失恋後の女々しい男心を表現している歌詞がほんと最高だなと思います。多くの人に引っかかりを残す「顔のわりに小さな胸」の件については当然わたしの周りでも物議を醸しており、例えば誰だろうって話を当時友達ともしていた記憶がありますけど、誰だったけな。安西ひろこが貧乳だったとしたらこういうこと思ってしまうかもとか言ってたような。逆に、顔のわりに大きい胸だったら上戸彩だと思います。

■LOVE
これもベストで知りました。初期ベストの抱きしめたいからreplay、そしてこのLOVEへの流れが最高すぎてプログラムリピート(当時使ってたコンポについてた機能)してました。最初、聴いたときはアップテンポの爽やかないい曲だなーと思ったんですが、歌詞がわかったとたん、オイ!って思いました。かなり勘の鋭い彼女がいる男が、昔野球で鍛えた彼氏がいる女に対して抱いている恋心を歌った曲。彼になる気もなくて、責任などさらさらさ〜とのたまう身勝手さに少女漫画脳のわたしはハア?って思うけど、それもひとつのLOVEなんですって。こんな曲のタイトルにLOVEってつけてしまうのがすごい。それでもとても好きな曲。

■Surrender
ミスチルの中で最も好きな曲。喫茶店で別れ話をする男女のヒリヒリとした空気がイントロからも伝わって来ます。別れの曲だから当然暗い曲なんだけど、暗闇を照らしてよ〜あの頃のように君なしじゃ不安定なんだよアーアーアーの部分で盛り上がるところが最高すぎるし、I surrender〜のところの高いコーラスも最高だし、最後また暗くなるのもとても好き。どんなに好きでも結局どうにもならないでthe end ofなところも。

■渇いたkiss
また別れの曲。付き合っている女性の心の中には別の男性がいて自分にはもう気持ちがないことに気付きながらも、別れの言葉を切り出されるのが怖くて、キスで塞いでしまおうっていう恋の終わりの描写にもグッとくるし、別れた後も何気ない仕草を思い出して心かき乱されたり、元彼女のことで頭がいっぱいなのに「自分を俯瞰で見れる性格を少し呪う」っていう強がりを言っちゃうのもかわいい。別れた彼女が自分とのことを思い出して苦しめばいい、後悔すればいいって最後歌っているんですが、もう既に新しい恋をしている女性って微塵もそんなこと考えないと思います。でも別れたあとに幸せになってほしいなんて綺麗ごと言われるより、正直でいいなあって思います。ウエンツ瑛士が何かのインタビューで渇いたkissが好きって言ってて、ウエンツのことが好きになった記憶があります。

■Drawing
地味なんだけど、シンプルで綺麗な曲。IT'S A WONDERFUL WORLDで見つけて、何回か聴いているうちにじわじわ好きになっていきました。アルバムではみんなおそらく飛ばしているだろうけど、わたしはこの曲の良さを知っているのよフフフ的なことを思っていたんですが、後からドラマの主題歌に抜擢されて、やめてくれー!この曲の良さを白日の下に晒さないでくれー!とか思っていたなあ。当時は恋愛をしてもすぐ冷めてしまうことに悩んでいて、「この素晴らしい煩わしい気持ちを真空パックしておけないかなあ」という一節に共感していました。あと絵を描いてる人と付き合っていたので、こういう風に思っていてほしいなって思っていたんだと思います。

■車の中でかくれてキスをしよう
ベストで抱きしめたいを知って借りに行ったkind of loveを聴いてて、こういうのもあるのか!と好きになった曲。切ないバラード曲で、聴いていると画が浮かぶ、映画みたいな曲。

■Image
DISCOVERYの最後の曲。静かに始まって、終盤たたみかけるように盛り上がって、また静かに戻る。なんだろう、わたしはこういう構成の曲が好きなんだな。この曲のおかげで気持ちよくアルバムを聴き終えることができていました。辛いことがあったときは「楽しく生きて行くイメージを膨らまして暮らそうよ」ってよく自分に言い聞かせていました。DISCOVERYの中ではPrismも同じくらい好き。

■口笛
ミスチルの曲の中で聴いていた回数が他のどの曲よりも多いであろう曲。わたしの家はラジオもノイズが混じる山の中だったし、中3になってようやく買い与えられた自分専用のテレビ(テレビデオ)に「テレビ禁止」っていう貼り紙をして、受験勉強をしていました。そのとき、エンドレスでラジカセから流していたのがこの曲で、妹と話をしていると「お姉ちゃん、あのとき口笛起きてから寝るまで聴いてたよね」って今でも何かあるたび言われます。

■デルモ
Everything (It's you)のカップリングで、カップリング=捨て曲の概念を覆された曲。間奏のドラムがかっこいい。モデルの哀愁を歌った歌詞なんだけど、ミスチルは当時からミリオンを連発して売れに売れていましたから、桜井さん自身の売れてるけど満たされない気持ちをモデルに置き換えて表現しているのかなって思っていました。これはアルバムにも収録されなくてCDも8cmだからMacに取り込めなくてyoutubeで聴くしかなかったんだけど、B面集に収録されて良かったです。


以上10曲です。選んでみて、わたしはラブソングが好きなんだなあと思いました。
ミスチルのラブソングを聴いて胸を痛めるような日はおそらくもう来ないのかもしれないけれど、甘酸っぱい日々をたまに思い出したくなったらミスチルを聴くんだと思います。

Posted at 15:14 | ongaku |
2013.12.29

BEST of 2013

なんともう2013年も終わるというではないですか!これは驚きです。
前回ブログを更新したのって1年前なのか…来年はもう少し日記とか書けるといいなあ。
今年もライジングサンに行きました。ceroとキセルとgroup_inouが見られて良かったです。自分のバンドの初ライブがありました。ベースソロをミスしました。でも楽しかったです。あとは大好きなmu-nestのレーベル・ショウケースを見に東京へゆきました。flicaを生で見られて感動しました。
今年は例年よりもテレビを良く見ていたので部屋で音楽が流れている時間は少なかったですが、今年も個人的な年間ベストを発表します。

■No.1
dramadrama
(2013/05/11)
[.que]

商品詳細を見る


好みど真ん中です。やはりSchole作品に外れなしです。一生ついていきます。
ピアノとギター中心のシンプルで穏やかな音楽。でもメロディーはドラマティックで音楽を聴いているのに映像の中にいるような感覚。もう好みも偏ってきてて、似たような音楽を日々たくさん聴いていますけど、1曲目で好き!ちょう好き!こういうの待ってました!って思いました。しかもジャケットが田んぼって…田んぼなのになんでこんなオシャレなんだよ!こんなオシャレな田んぼわたし知らないよ!

■No.2
endless endingsendless endings
(2013/05/22)
moshimoss

商品詳細を見る

こちらも1位と同じくらい好きなアルバムです。読み方はモシモスさんでいいのかな。2ndアルバムです。2010年に出た1stも結構聴いてたんですけど、そのときはベスト入りさせてなかったみたい。カセットテープのようなチリチリしたノイズに美しいピアノ、sigur rosのヨンシーみたいなボーカルが入って、なんか悲しいのに美しくて、日本人アーティストなのにめちゃくちゃアイスランドっぽい。2曲目のYour New Eraの51秒くらいでギターの音色が入ってくるんですけど、その部分がすごく好き。しかもこの方、Neguse Groupっていう山梨のレーベルのオーナーさんらしく、Tシャツ販売ページとかピンバッジ販売ページで面白いことされてますね。別名義のPreghostも気になる。

■No.3
WeekendaryWeekendary
(2013/11/28)
flica

商品詳細を見る

待ってました!flicaの4thアルバム!!正直3rdがあんまり好きじゃなかったのでどうなってるかなーと思ったんですけど、好きです。11/15にmu-nest nightがあって、flicaも出演されて、そこではわたしの好きな曲は全然やってもらえなかったんですけど、アルバムを聴いたら、ああ、これライブでやってた曲だーって興奮が蘇ってきました。でもライブで新曲ってあんまり聴きたくないな。知ってる曲やって欲しい派です。今回のアルバムはベースがかっこいいなと思う曲が多かった。

■No.4〜No.10
4位以下は順不同です。
Cloud SproutCloud Sprout
(2013/05/01)
smoug

商品詳細を見る



Solitary WonderlandSolitary Wonderland
(2013/05/01)
fusigi

商品詳細を見る


Stranger to my roomStranger to my room
(2013/07/25)
Sonicbrat

商品詳細を見る


MitosisMitosis
(2013/09/08)
Moskitoo

商品詳細を見る


BeyondBeyond
(2013/09/26)
Marihiko Hara、Polar M 他

商品詳細を見る


Stories From ElsewhereStories From Elsewhere
(2013/04/03)
Rhian Sheehan

商品詳細を見る


Vanishing MirrorVanishing Mirror
(2012/12/23)
Pill-Oh

商品詳細を見る


以上です。
来年はもっと貯金をきちんとしようと思っているので、CDあんまり買わなくなるかも。




Posted at 16:51 | ongaku |
2012.12.31

BEST of 2012

今年ももう終わるのか。なんだかんだで毎年続けている年間ベストを発表します。
今年は音楽全然聴けなかったけれど、バンドを結成したり、ライジングサンに行ったりはしたので音楽と離れていたわけではないけれど、音楽にかけるお金と時間は年々減っていっているなあと思う。音楽を聴く事によってそのときの記憶がフラッシュバックしたりするので、この瞬間が続けばいいと思うようなときには音楽がかかっていてほしいなあと思うし、常に音楽は流してたいなあと思います。

■No.1

Field DrawingsField Drawings
(2012/02/28)
Ryan Teague

商品詳細を見る


ぶっちぎりの1位。前作はアコースティックサウンドなミニマルという作品でしたが、今作はグッとポストクラシカル寄りになって、もうわたしのために作られたとしか思えないくらい好みです。人に勧めたら「もろライヒの影響受けてるね」と言われたんですが、ライヒを知らずにぼくらはby for now〜♪ってくらいにライヒの名前しか知らないわけなんですが、ルーツを知らなくても問題ない!音楽にルーツは関係ない!いや多少は関係ある!あるのかもしれないけど、とにかく今年のベストはこれです。

■No.2
BranchesBranches
(2012/01/31)
Keith Kenniff

商品詳細を見る

Helios、Goldmundの本名名義のKeith Kenniff。なんて読むのかは知りません。関係ないけど、アーティストの読み方分からなすぎて、レコード屋でCD買うのためらうんですよね。筆談みたいになっちゃいますよね。こちらもドリーミーでドラマティックなアンビエントかつエレクトロニカかつポストクラシカル!今年の始めよく聴いていました。1曲が3分未満の曲がほとんどであっという間にアルバムが終わってしまいますが、1位のRyanもそんな感じだし、最近はこれくらいのバランスのが好きなのかも。12曲目のSparrow Songが好きでiTunesでレート☆5にしました。

■No.3
劇場公開映画「おおかみこどもの雨と雪」オリジナル・サウンドトラック劇場公開映画「おおかみこどもの雨と雪」オリジナル・サウンドトラック
(2012/07/18)
高木正勝

商品詳細を見る

キター!おおかみこどもの雨と雪のサウンドトラックがベスト3入りです。映画観てないんだけど、高木正勝というだけでもう買ってしまいます。サントラなんだけど、普通にアルバムとしても聴ける感じです。12月23日にDommuneで高木さんのライブが観れたんですが、そこでもアルバムから何曲かやっていました。1曲目とかAir's NoteのOpheliaを歌っている方だと思っていたのですが高木さんが歌ってるんですね。声もすてきです。

■No.4〜10
4位以下は順不同で。
Allelujah! Don't Bend! Ascend!Allelujah! Don't Bend! Ascend!
(2012/10/16)
Godspeed You! Black Emperor

商品詳細を見る


StrangerStranger
(2012/10/02)
Balmorhea

商品詳細を見る


Information RetrievedInformation Retrieved
(2012/10/16)
Pinback

商品詳細を見る


Starry Starry Night-オリジナル・サウンドトラック-Starry Starry Night-オリジナル・サウンドトラック-
(2012/04/13)
world’s end girlfriend、湯川潮音 他

商品詳細を見る


ValtariValtari
(2012/05/28)
Sigur Ros

商品詳細を見る


CityflowersCityflowers
(2012/06/07)
Nutid

商品詳細を見る


Early BirdsEarly Birds
(2012/07/03)
Mum

商品詳細を見る


来年もよろしくお願いします!


Posted at 12:28 | ongaku |
2012.10.23

マリッジブルー&モテたい

12/1のけつのあなカラーボーイ「爆音カス動画祭」に行きたい!
ボケノートの頃から憧れだった冷凍食品さんを見たい!
でも行けない!
というかTシャツが欲しすぎる。
20121010231049ad7.jpg
これ以外にもたこやきもかわいいし、もしもしもかわいいし、カレーもいい。
かわいい〜ほしい〜通販してほしい〜けどしてもらえない〜
どなたかイベント行かれる方いらっしゃっいましたらわたしの分も買って来ていただけないでしょうか。代金はお支払いしますしお礼もします。
twitterID @kfsokushi です。



ちなみにわたしも去年Tシャツを作りまして、こちらで買えます。
モテたいTシャツ

mote2_20121023012525.jpg
枝ハルさんが着てくれました!

385499419.jpg
りかさんも!
motemotemote.jpg
愛さんも!

motetai.jpg
モテたい同士でペアルックもいいです。


自撮りサブカル女子Tシャツ



自撮りサブカル女子グッズはTシャツよりも地味にiPhoneケースが売れています。
モテたいTシャツはtwitterで宣伝したので結構売れたけど、自撮りサブカルはこっそり作ったので全然売れてません。モテたいTシャツは着用してもモテ効果はありません。(※個人の感想です)


Posted at 01:21 | oogiri |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。